Go to Contents Go to Navigation

韓国 WTO提訴問題で日本に遺憾表明=通商担当相会談

記事一覧 2015.05.24 13:46

【ソウル聯合ニュース】韓国と日本はフィリピン中部ボラカイ島で23日(現地時間)、通商担当相による会談を開催し、韓国の水産物輸入禁止措置をめぐる日本の世界貿易機関(WTO)提訴問題などについて協議した。

 両国の通商担当相による会談は約2年1カ月ぶりとなる。アジア太平洋経済協力会議(APEC)貿易相会合に合わせて開かれたもので、韓国からは尹相直(ユン・サンジク)産業通商資源部長官が、日本からは宮沢洋一経済産業相が出席した。

 産業通商資源部によると、尹氏は日本政府がWTOの紛争解決手続きに基づく2国間協議を要請したことについて遺憾を表明した。また、韓国の活魚車の日本内での運行許可などを要請した。日本側は韓国側に反論せず、双方は真摯(しんし)に相手の発言に耳を傾けたという。

 日本政府は今月22日、東京電力福島第1原発事故後、韓国が福島など8県の水産物の輸入を制限していることに対し、WTOの紛争解決手続きに基づく2国間協議を要請した。WTO小委員会での紛争処理手続きに入る前に行う措置で、提訴の前段階となる。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。