Go to Contents Go to Navigation

米軍研究所が生きた炭疽菌を誤送付 在韓米軍にも

記事一覧 2015.05.28 08:51

【ワシントン聯合ニュース】米国防総省の研究所が炭疽(たんそ)菌の生きたサンプルを米国内や在韓米軍基地などに誤って送付していたことが分かった。

 国防総省のウォーレン報道部長は27日(米東部時間)、「ユタ州の軍研究所から不注意で生きた炭疽菌のサンプルがカリフォルニアやメリーランドなど9州に移された」と発表した。また、「サンプルの一つは韓国の烏山(京畿道)にある在韓米軍の研究所にも送られた」とした。現時点で一般人に脅威となる要因は発生しておらず、送付されたサンプルは規定により廃棄されたと説明した。

 炭疽菌は伝染性が高い病原菌で、生物化学兵器テロに使われる。米国では研究目的で炭疽菌を移す場合でも、死んだ状態にするか不活性化させるよう定めている。

 米メディアによると、今回の事態はメリーランド州の国防総省の所属研究所が情報提供したことで明らかになった。炭疽菌のサンプルは民間業者を通じ送付されたという。

 米国では昨年も米疾病対策センター(CDC)の所属研究所が所定の安全規定を守らず炭疽菌サンプルを移し、研究者らが接触したとされた。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。