Go to Contents Go to Navigation

WHO 韓国のMERS感染者25人=「旅行制限は不要」

記事一覧 2015.06.02 20:16
動物園のラクダも隔離

【ジュネーブ聯合ニュース】世界保健機構(WHO)報道官は2日(現地時間)、国連欧州本部で会見を行い、韓国で中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスの感染者が死者2人を含む25人に増えたが、旅行制限や国境閉鎖などの措置は必要ないとの見解を明らかにした。

MERS拡大で休校 全国で初

 報道官によると2012年9月以降、韓国など世界で確認されたMERS感染者は合計1161人、死者は433人。韓国のMERS感染者は中東を旅行して帰ってきた特定の人に関連していると指摘し、「これまでMERSが発病した国は25カ国で、ほとんどが中東地域」と説明した。 

登校時に手を消毒

 報道官は旅行制限や国境閉鎖措置が必要ではない理由について、「MERSは伝播力が非常に強い新型肺炎(SARS)とは異なる」とした上で、「MERS感染者が隔離されて治療を受けている以上、そのような措置は必要ない」と強調した。 

マスク姿で韓国入国

 韓国と中東地域でMERSの拡散に違いがあるかについては、「入院した患者を媒介としてMERSが伝播したのは中東と大きく変わらない」と説明。「2人が2次感染者を通じて感染したというが、その数字が多くなければ大きく憂慮することではない」と話した。 

 また「韓国の保健当局と医療スタッフが初期段階でMERSについてよく知らない状態で対処したようだ」と指摘し、「中東地域も初めは同じ状況だった」と伝えた。 

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。