Go to Contents Go to Navigation

MERS隔離対象1820人 増加幅は前日の半分=韓国

記事一覧 2015.06.05 15:56
ラクダ体験施設 MERS拡大で営業中止

【ソウル聯合ニュース】韓国で中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルス対策にあたっている保健福祉部中央MERS対策本部は5日、隔離対象者が前日から153人増え1820人になったと発表した。増加幅は前日(303人)の約半分だが、依然として対象者は増え続けている。

MERS感染病院名を初めて公表

 このうち自宅で隔離されている人は前日から133人増の1636人、医療機関で隔離されている人は20人増の184人。

MERS警戒 軍が体温測定

 隔離期間中に症状が見られず、隔離解除された人はこの日だけで159人を数えた。これまでの累計では221人。

機内を消毒

 現在、MERS疑い患者に対し199件の遺伝子検査が進められている。また、保健当局が運営するMERS関連のコールセンターへの問い合わせ件数は4322件で、前日に比べ1000件増えた。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。