Go to Contents Go to Navigation

<インタビュー>元慰安婦の金君子さん「死ぬまでに謝罪受けたい」

記事一覧 2015.06.08 14:51

【ソウル聯合ニュース】「結局日本は謝罪と賠償をせずにはいられなくなるでしょう。日本からの謝罪を受ける前におばあさんたちが次々と亡くなっている。死ぬ前に必ず日本が謝罪するのを見たい」――。

 日本による植民地時代に旧日本軍の慰安婦にさせられた金君子(キム・グンジャ)さんが聯合ニュースのインタビューに対し、やや緊張しながらもゆっくりと落ち着いた口調で語った。

 元慰安婦の女性を支援する市民団体、韓国挺身隊問題対策協議会によると、韓国政府に登録されている慰安婦被害者238人中、1人が先月死去し、生存者は52人となった。

 4日に89歳の誕生日を迎えた金さんは1942年、中国吉林省・琿春の慰安所に連行され1945年に日本の植民地支配から解放されるまで苦難を強いられた。

 金さんは3姉妹の長女で、10代初めに親を亡くし孤児になってからは苦労の連続だった。服の販売や飲食業、住み込みの家政婦などあらゆる仕事をしてがむしゃらに働いた。

 金さんは歴史の被害者だが、自身より困難な境遇の人を助けてきた。

 非営利公益財団「アルムダウン(韓国語で美しいの意)財団」が発足してから間もなかった2000年、長年こつこつ貯めてきた5000万ウォン(現在のレートで約560万円)を寄付し、同財団の第1号基金が創設された。

 2006年に再び同財団に5000万ウォンを寄付した。昨年は、困難な人々を助けてきた功労が認められ国民勲章冬柏章を受章した。

 最近は経済的に苦しい家庭の学生のための奨学金に使ってほしいと京畿道広州市のカトリック教会にほぼ全財産の1億ウォンを寄付した。

 「私のためにお金を使うのはとてももったいないけど、人のために使うのはもったいないと思わない。私のような被害者がこれ以上出ないようにという思いから、そうやって生きてきた」と語る金さんは、困難な人々を助けてあげてほしいと訴えた。

 金さんは2007年、元慰安婦の李容洙(イ・ヨンス)さんと共に米下院の公聴会で自らの経験を証言した。「ワシントンで5分間証言した。人々から勇敢だと言われた」と当時を振り返った。

 しかし、金さんには心残りなことがある。1月に妹が亡くなったが、足の状態が思わしくなくないために葬儀に出席できなかった。金さんは足をたたきながら、「今でも心残りだ」と語った。

 誕生日の4日、金さんをはじめ慰安婦被害者が共同生活を送る施設「ナヌムの家」(京畿道広州市)ではささやかなパーティーが開かれた。アルムダウン財団の関係者が訪れ、金さんの誕生日を祝った。金さんはスパンコールが付いた黄色いシャツを着て出迎え、楽しいひとときを過ごした。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。