Go to Contents Go to Navigation

MERS終息に向け「国を挙げ対応している」=朴大統領

記事一覧 2015.06.08 17:00

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は8日、政府ソウル庁舎に設置された汎政府中東呼吸器症候群(MERS)対策支援本部を訪問し、「MERS拡大防止と完全な終息に向け防疫当局と関連機関、地方自治体、民間専門家のほか、自宅に隔離された国民の自発的な協力も含め、国を挙げて全力で対応している」と述べた。

 朴大統領がMERSに対応する現場を訪れるのは、5日に隔離施設の国立中央医療院を訪問したのに続き2回目。

 朴大統領は今後の政府の対応策について、「時々刻々と変わる状況に対処するため、防疫対策本部の専門家らに全権を与える必要がある」として、全権を持った上で迅速に対応する専門家中心のチームを設置する方針を明らかにした。

 また、「時間を逃さず、下された決定が現場で速やかに履行されることが極めて重要だ」と強調。「自宅隔離者に対してマンツーマン担当制度を実施しているが、不備があるとの指摘がある」と述べ、徹底的に点検するよう指示した。

 経済への影響に関しては、「消費や観光など内需が急速に萎縮しており、経済活動に与える影響も見過ごせる問題ではない」と強調。「経済面の波及効果を最小限に抑え、乗り越えることもMERS事態の完全な終息と言える」として、影響を綿密に分析し対策を講じるよう指示した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。