Go to Contents Go to Navigation

MERS隔離対象3千人超える 1日で547人増加=韓国

記事一覧 2015.06.10 16:11

【ソウル聯合ニュース】韓国で中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスの感染者が増え続けている中、保健福祉部の中央MERS管理対策本部は10日、同日午前現在の隔離対象者は前日より547人増え3439人になったと発表した。このうち医療機関で隔離されている人が180人。

 感染者は死者9人を含め計108人で、このうち11人は容体が不安定とされる。MERSが完治したと診断され、退院した人は1人増え計4人となった。隔離解除者は34人増の計641人。

 対策本部は、室内の気圧を外部より低く保つ陰圧の隔離室で重症患者を治療する大学病院クラスの「治療病院」16カ所と、重症の疑いがある患者を治療する「露出者診療病院」32カ所を運営する方針だ。また、MERS感染者が発生していないか、感染者が訪問していない病院のうち、一部を「安全病院」として運営する。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。