Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮の干ばつ問題「要請あれば支援検討」=韓国政府

記事一覧 2015.06.12 13:36

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の林丙哲(イム・ビョンチョル)報道官は12日の定例会見で、北朝鮮が干ばつ被害に対する支援を要請してきた場合、「総合的に考慮し(支援を)検討する」と述べた。

 ただ、現在まで北朝鮮からの支援要請はなく、韓国の民間団体も干ばつ被害支援のための訪朝申請はしていないという。 

 国連世界食糧計画(WFP)などによると、北朝鮮では干ばつが続いており、食料需給に対する懸念が強まっている。

 一方、6月15日の共同宣言(南北共同宣言)15周年と関連しては、政府が主管する行事は予定されていないと説明した。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。