Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮が短距離ミサイル発射 東海上に3発

記事一覧 2015.06.14 18:40

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が14日午後4時21分から同47分にかけて、南東部の江原道・元山付近から東海に向け短距離ミサイルKN01を3発発射した。韓国軍合同参謀本部が明らかにした。

 韓国軍当局は、KN01の精度が低いと評価されているため、精度を高めるための試験発射だったとの見方を示した。ミサイルは約100キロを飛行したという。

 北朝鮮がKN01の試験発射をしたのは2月と5月に続き3回目となる。韓国軍は北朝鮮軍の動きを注視し、挑発に備え万全の態勢を維持している。

 KN01は全長5.8メートル、直径76センチ、重さ約2.3トンで、地対艦または艦対艦ミサイルとして運用できる。中国で開発されたミサイル「シルクワーム」を改良したと推定される。

 一方、北朝鮮は今月6日から22日まで平壌北方の黄海上に航行禁止区域を設定したという。韓国軍と情報当局は、北朝鮮がこの期間に300ミリロケット弾を試験発射する可能性が高いと判断している。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。