Go to Contents Go to Navigation

若い北朝鮮兵が韓国入り 銃撃戦など衝突はなし

記事一覧 2015.06.15 11:47

【ソウル聯合ニュース】韓国の国防部関係者は15日、北朝鮮の兵士1人が同日午前8時ごろ、南北軍事境界線の中東部を徒歩で越えてきたと明らかにした。

 韓国軍当局は兵士の身柄を保護し、関係機関に引き渡した。越えてきた軍事境界線は江原道・華川付近という。兵士の年齢は10代後半と推定され、韓国入りしたいとの意向を確認したという。所属など具体的な内容は調査後に公開する方針という。

 韓国軍が兵士の身柄を保護する際、南北間の緊張が一時高まったが、銃撃戦などの衝突はなかった。北朝鮮軍に特異な動きは見られないという。

 北朝鮮兵が軍事境界線を越えて韓国側に入ったことが公開されるのは2012年10月以来となる。当時、韓国側は北朝鮮兵が軍事境界線を越え、韓国軍の最前線部隊の兵舎をノックするまで気付かず、責任者らを問責するなど大きな波紋を呼んだ。

 北朝鮮軍は兵士が韓国側に渡った軍事境界線一帯に地雷を埋めるなどの活動を強化している。韓国側に渡ることを防ぐ措置とみられる。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。