Go to Contents Go to Navigation

日本水産物の放射能調査報告書の公開求め提訴=韓国団体

記事一覧 2015.06.18 13:27

【ソウル聯合ニュース】韓国の弁護士団体「民主社会のための弁護士の集い」は18日、韓国食品医薬品安全処を相手に「日本の放射能水産物現地調査報告書」の公開を求める訴訟を提起すると明らかにした。

 同団体は同日開いた記者会見で「韓国政府は20日から日本と日本産水産物の輸入禁止をめぐる協議を行うと発表した。現地調査報告書を基に協議が進められることを踏まえると、報告書が非公開にされていることは納得できない」と提訴理由を説明した。

 韓国政府が管轄する日本放射能安全管理民間専門家委員会は2014年12月~15年2月に福島県で水産物の放射能調査を3回行い報告書を作成した。報告書には調査地域の表層水と深層水、海底堆積物の放射能濃度などが記載されている。

 同団体は今年3月にこの報告書を国民に公開するよう同処に求めたが拒否された。

 韓国政府は13年9月から放射性物質の検出有無に関わらず、福島など8県の水産物輸入を全面禁止している。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。