Go to Contents Go to Navigation

韓国人元慰安婦 米地裁に提訴へ=日本政府謝罪あれば取り下げ

記事一覧 2015.06.23 15:05

【広州聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦にされた韓国人被害者らは23日、共同生活を送る施設「ナヌムの家」(京畿道広州市)で記者会見を行い、米裁判所に損害賠償を求める訴訟を起こす経緯などについて説明した。

 慰安婦被害者10人と遺族2人は7月、三菱重工業など米国に進出している日本の戦犯企業や天皇、安倍晋三首相、慰安婦被害者を「売春婦」とおとしめた産経新聞などを相手取り、計2000万ドル(約25億円)の賠償を求める訴訟を米サンフランシスコ連邦地裁に提起する方針だ。ただ、日本政府が被害者らに謝罪し、問題の解決に乗り出す場合は訴訟を取り下げるという。

 弁護人は「国際訴訟を提起し、慰安婦被害者問題を確実に解決する方策を探りたい」と説明。「(被害者の)おばあさんたちの悲しみや苦痛は約70年前に終わったものではなく、今も続いているが、日本政府などは歴史の真実から目をそらし、おばあさんたちをおとしめているため、法的な責任を問わざるを得ない」と強調した。

 また、「訴訟準備は2カ月前に終えたが、今まで提訴しなかったのは日本政府の誠意のある答弁を待っていたため」として、「生存している(被害者の)おばあさんが少なく、時間がないため日本政府の答弁期限を7月にした」と説明した。その上で、「2000万ドルという金額は重要ではない。日本の心を込めた謝罪が優先だ」と訴えた。

 韓国政府が認定した慰安婦被害者は238人で、うち生存者は50人となっている。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。