Go to Contents Go to Navigation

韓国・ロッテアサヒ酒類の経営権 ロッテからアサヒに

記事一覧 2015.06.29 19:53

【ソウル聯合ニュース】アサヒビールと同社製品の韓国販売を手掛けるロッテアサヒ酒類の経営権がロッテ七星飲料からアサヒグループホールディングスに移った。今後はアサヒ側が韓国における同社製品販売の営業やマーケティングを主導していくことになる。

 ロッテアサヒ酒類は29日、ロッテ七星飲料が自社の持分16%をアサヒグループホールディングスに168億ウォン(約18億円)で売却したと発表した。これにより、アサヒグループホールディングスの持分は34%から50%プラス1株に増加。ロッテ七星飲料の持分は50%マイナス1株に減り、アサヒグループホールディングスが経営権を行使することになった。 

 ロッテアサヒ酒類はロッテ七星飲料とアサヒグループホールディングスが2005年に設立した合弁の輸入・流通法人。   

 ロッテ七星飲料関係者は持分売却について、「韓国内で輸入ビール市場の競争が熾烈(しれつ)になり、日本アサヒ側がこれまで主導的に営業、マーケティング政策を行いたいという意思を明らかにしてきた」とした上で、「アサヒが経営の主導権を持つようになるが、両社の戦略的パートナー関係は今後も維持されるだろう」と話した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。