Go to Contents Go to Navigation

日本安保法案が衆院通過 韓国「国益に影響なら同意必要」

記事一覧 2015.07.16 16:23

【ソウル聯合ニュース】集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法案が日本の衆議院本会議で与党の強行採決により可決されたことに対し、韓国外交部のユ・チャンホ公報担当官は16日の会見で「朝鮮半島の安保や韓国の国益に影響を与える事柄については、韓国の要請または同意がない限り認められない」と述べ、従来の姿勢をあらためて示した。

 また「日本の防衛政策に関する議論は平和憲法の精神を堅持し、地域の平和と安定に寄与する方向で透明に行われるべきだ」と重ねて指摘し、政府はこれまで、折に触れてこうした韓国の立場を日本に伝え、緊密に協議してきたと述べた。今後の参議院での審議などを見守り、日本側との協議を続ける方針だ。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。