Go to Contents Go to Navigation

サムスンソウル病院 20日に集中管理病院の指定解除へ

記事一覧 2015.07.17 13:42
ソウル市長が中国人客をガイド
MERS懸念払拭へ 中国旅行関係者ら招待

【ソウル聯合ニュース】医療スタッフや患者の間で中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスの感染が相次いだサムスンソウル病院(ソウル市)が、20日午前0時に集中管理病院の指定を解除される見通しだ。保健福祉部の中央MERS管理対策本部が17日の定例記者会見で明らかにした。

 同病院は先月13日に部分閉鎖になってから新規患者の受け入れを行っていない。

さよならMERS ファッションショー再開

 同病院の集中管理病院指定が解除されれば、15カ所あった集中管理病院の解除が全て完了する。

MERS死者の遺族ら 国を提訴

 一方、同日現在、施設や病院に隔離されている人は計155人で、全員が20日前後に隔離解除される予定だ。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。