Go to Contents Go to Navigation

韓国MERSの隔離者「ゼロ」に 事実上終息

記事一覧 2015.07.27 09:00

【ソウル聯合ニュース】韓国保健福祉部は27日、中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスの感染問題で、自宅で隔離中だった最後の1人の隔離措置が解除されたと発表した。政府は近く国民向けメッセージを発表し、事実上MERS終息を宣言するほか、日常への復帰を勧める予定。

 現在治療中の患者は前日と同様の12人。このうち11人は検査の結果、2回とも陰性だった。事実上最後の患者とされる1人も検査によっては陰性反応を示すという。

 新たな感染者と死者は出ておらず、感染者は計186人、死者は計36人のままとなっている。

 ただ、正式な終息宣言は早くとも来月下旬になる見通しだ。世界保健機関(WHO)が勧告するMERS終息の基準は最終患者の完治から28日後となっている。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。