Go to Contents Go to Navigation

ロッテ創業家きょう「家族会議」か 経営権争いの行方は?

記事一覧 2015.07.31 11:35

【ソウル聯合ニュース】後継者争いが長引く様相を見せ始めているロッテグループできょう31日、創業家の「家族会議」が開かれる見通しだ。これが大きな転換点となる可能性もある。

 ロッテグループの経営権をめぐっては、グループ創業者の辛格浩(シン・ギョクホ、日本名:重光武雄)氏の長男である辛東主(シン・ドンジュ、日本名:重光宏之)元ロッテホールディングス(HD、本社・東京)副会長と次男の辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)ロッテHD副会長(韓国ロッテグループ会長)が対立している。

 東主氏は今月27日、格浩氏を韓国から東京に連れて行き、格浩氏はロッテHDで東彬氏を含む取締役の解任を言い渡した。しかし、東彬氏らは翌28日にロッテHDの取締役会を開き、解任を無効とした上で、格浩氏の代表権を外し名誉会長に退かせることを決めた。その後、格浩氏と東主氏は韓国に帰国している。

 31日は格浩氏の父親の命日にあたる。格浩氏の妻の重光初子氏が前日に韓国入りしたのは、法事への出席が目的とされる。

 これまでは東主氏がソウル市内の自宅で韓国式の法事を行ってきたようだが、今年は市内のロッテホテルで行われるとの見方が出ている。格浩氏と東主氏は帰国後、同ホテルで過ごしている。格浩氏は体の自由がきかず、東主氏も取材陣を避け、こもりきりのためだ。

 法事に家族がそろい、一緒に食事をしながら話を交わせば、自然と経営権争いについて話し合う家族会議の場になると予想される。

 ただ、ロッテグループ側の話では、東彬氏はこれまで宗教や哲学的な理由で法事に出席していない。今回も欠席する可能性が高そうだ。東彬氏はまだ日本に滞在しており、31日午後の帰国便を予約していると伝えられる。

 東彬氏が出席しなければ、家族会議で「反東彬氏」の共同戦線が張られることもあり得る。格浩氏の長女や縁戚は東主側についている。格浩氏の弟が出席した場合も東主氏を支持するとみられる。

 あるいは、予想に反し東彬氏が法事に出席した場合、利害関係者がそろうことになる。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。