Go to Contents Go to Navigation

韓国ロッテグループ社長団 創業者次男支持を表明

記事一覧 2015.08.04 13:51
ロッテ創業者次男 父と面談へ
ロッテ創業者次男が韓国帰国
ロッテ騒動 取材合戦も過熱
ロッテ創業者の妻も韓国入り

【ソウル聯合ニュース】ロッテグループの経営権をめぐり創業者一族が対立している問題で、韓国ロッテグループの社長団は4日、ソウルで会議を開き、グループ創業者である辛格浩(シン・ギョクホ、日本名:重光武雄)氏の次男の辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)ロッテHD副会長(韓国ロッテグループ会長)を支持すると表明した。

 会議に出席した系列会社37社の社長は、「ロッテグループを率いるリーダーとして辛東彬会長が適任者だという意見で一致し、支持を表明する」との内容の声明を発表した。

 社長団は声明で、創業者一族が対立している問題で国民と社員に心配を掛け、経営陣として責任を感じるとして謝罪した。その上で、「ロッテグループ全社は国民と共に成長してきた大韓民国の企業で、特定の個人や家族の独占物でなく、全ての顧客、株主、パートナー会社、18万人に上る社員と共に歩む企業だ」と強調した。

ロッテ創業者の辛氏が帰国

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。