Go to Contents Go to Navigation

中国人徴用被害者の三菱和解案受け入れ 韓国「動向注視」

記事一覧 2015.08.04 17:05

【ソウル聯合ニュース】第2次世界大戦中の強制徴用の被害者と遺族でつくる中国の団体が三菱マテリアルの和解案を受け入れると表明したことについて、韓国外交部のユ・チャンホ公報担当官は4日の会見で、「関連の動向を今後も注視していく」と述べた。「(団体の)謝罪の受け入れが日中関係改善の兆しと解釈される余地も大きいが、どう考えるか」との質問に答えた。

 ユ公報担当官はただ「三菱側の和解案の受け入れをめぐり、中国人被害者団体の間でも立場に違いがあると承知している」とも述べた。

 中国のメディアによると、三菱側を相手取り損害賠償を求めてきた中国人の強制徴用被害者団体のうち3団体が3日に記者会見し、「和解金の額に満足はしていないが、和解に応じることを決めた」と発表した。

 ユ公報担当官は一方、三菱側が中国人の被害者に対しては補償を推進していながら、韓国人の強制労働に対しては「性格が異なる」などと主張していることについて、「日本の企業を相手取った強制連行被害者による訴訟が進められているため、政府としての立場表明は控える」と従来のコメントを繰り返した。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。