Go to Contents Go to Navigation

ロッテHDの佃孝之社長 創業者次男支持を表明

記事一覧 2015.08.04 19:04

【東京聯合ニュース】ロッテグループの経営権をめぐり創業者一族が対立している問題で、ロッテホールディングス(HD、本社・東京)の佃孝之社長が4日、東京都内で韓国メディアとの懇談会を開き、創業者の次男でロッテHD副会長(韓国ロッテグループ会長)の辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)氏を支持すると表明した。

 佃氏は東彬氏について、とても経験が豊富で、韓国で事業を大きくすることに貢献があったとした上で、世界の製菓事業について詳しく、法と原則を基本とする企業運営を柱と考える方と評価した。また佃氏は自身が日本事業を、東彬氏が韓国事業を担当することを強調した。

 また、1月にロッテHDの副会長を解任された創業者の長男、辛東主(シン・ドンジュ、日本名:重光宏之)氏については頭が良くて優秀な方とする一方で、企業統治のルールと原則により、副会長に適合しないという判定を受けたと説明した。佃氏は東主氏については日本名で呼び、東彬氏については韓国名で呼んだ。

 佃氏は同日正午、韓国メディアの東京特派員に対し、午後2時から都内のホテルで懇談会を行うと通知した。韓国ロッテグループの系列会社37社の社長が同日、「ロッテグループを率いるリーダーとして辛東彬会長が適任者だという意見で一致し、支持を表明する」との内容の声明を発表したことを受けて行われたものとみられる。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。