Go to Contents Go to Navigation

ホテルロッテは韓国企業? 株主の99%が日本企業

記事一覧 2015.08.05 15:08
ロッテグループ労組 創業者次男の支持表明

【ソウル聯合ニュース】ロッテグループの創業者一族が経営権をめぐり対立しているが、韓国ロッテグループの持ち株会社に当たるホテルロッテは韓国企業なのだろうか、それとも日本企業なのだろうか。

ロッテ社長団 創業者次男支持を表明

 事業所の所在地や代表取締役を見ると明らかに韓国企業だが、株主構成を見ると首をかしげざるを得ない。株主の99%以上が日本企業なのだ。

ロッテ創業者次男 父と面談へ

 2014年の事業報告書によると、ホテルロッテの筆頭株主は19.07%の株を持つ日本のロッテホールディングス(HD、本社・東京)だ。

ロッテ創業者次男が韓国帰国

 ロッテHDとその筆頭株主の光潤社、L投資会社など、日本企業が株式のほぼ全てに当たる99.28%を保有している。

 具体的な持ち株比率はL第4投資会社が15.63%、L第9投資会社が10.41%など、「L」で始まる投資会社が72.65%を占める。光潤社は5.45%。

 ほぼ100パーセントの株を日本企業が保有しているため、ホテルロッテの配当金はほとんどが日本に渡っている。ホテルロッテは昨年、1株当たり500ウォン(53円)、総額255億ウォンの配当を実施したが、このうち254億ウォンをロッテHDなど日本の株主が手にした。

 ホテルロッテは国内外のロッテ系列会社42社の株を保有しており、これによって韓国ロッテグループの持ち株会社としての機能を果たしている。

 1973年5月に設立されたホテルロッテは、日本による植民地時代に日本人が建設し、国営ホテルとして営業されていた「半島ホテル」を買収。79年、建物を解体した跡地にロッテホテルソウルをオープンした。現在、ソウルや釜山など韓国国内に五つの「特級ホテル」を保有している。

ロッテ騒動 取材合戦も過熱

 2010年には初の海外ホテルとなるロッテホテルモスクワをオープンし、現在、グアムやベトナムなど海外でも五つのホテルを経営している。

 ロッテグループが韓日で事業を行っているためか、韓国を訪れる日本人はこれまで、ほかの特級ホテルよりもロッテホテルを選ぶ傾向にあった。2011年までは外国人客に占める日本人客の割合は40~50%に上っていたが、その後はウォン高・円安や韓日関係の冷え込みを受け20~30%に低下した。

韓国団体 ロッテグループに対する不買運動開始(8月4日)

 ホテルロッテの昨年の連結売上高は4兆7165億ウォン、連結営業利益は4073億ウォンで、従業員は4002人となっている。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。