Go to Contents Go to Navigation

<芸能>ソン・スンホンが中国女優と交際 映画共演がきっかけ

記事一覧 2015.08.05 17:01
俳優ソン・スンホン
俳優ソン・スンホン

MBCドラマ「男が愛する時」(原題)の制作発表会に出席した俳優ソン・スンホン=2013年3月27日、ソウル(聯合ニュース)
(END)

俳優ソン・スンホン
俳優ソン・スンホン

ソウル市内で行われた映画「人間中毒」(原題)のメディア向け試写会に出席した俳優ソン・スンホン=2014年5月7日、ソウル(聯合ニュース)
(END)

俳優ソン・スンホン
俳優ソン・スンホン

ソウルで開かれた韓国映画「ミスワイフ」(原題)のマスコミ試写会に出席した主演の俳優ソン・スンホン=2015年7月28日、ソウル(聯合ニュース)
(END)

俳優ソン・スンホン
俳優ソン・スンホン

MBCドラマ「マイ・プリンセス」がこのほど人気裏に終了した俳優ソン・スンホン=2011年2月27日、ソウル(聯合ニュース)
(END)

videos ソン・スンホンとキム・テヒの「マイ・プリンセス」、制作発表会(1月7日)
ソン・スンホンとキム・テヒの「マイ・プリンセス」、制作発表会(1月7日)

≪話題のロマンチックコメディー≫  ソン・スンホン、キム・テヒ主演で話題のMBCの新ドラマ「マイ・プリンセス」の制作発表会が3日、ソウル市内のホテルで行われ、主要キャストが勢ぞろいした。  ヒロインを演じるキム・テヒは、今作がコメディー初挑戦となる。撮影が進むにつれコミカルに演じることへのプレッシャーも消え、今ではずいぶん慣れたと語った。「気負わず思いのままに演じ、だめなら編集されるだろう」と考え、リラックスして演じているという。  キム・テヒが演じるのは、孤児院で育った幼いころお姫様を夢見ていたが、ある日突然、本当に王室のお姫さまだと告げられる大学生のイソル。「自分の感情に正直で、気分が良ければ道端で踊ったりするかわいらしい大学生です。でも世間を知らないわけじゃない」と役どころを紹介。これまでに演じたことのないコミカルな姿をたくさんお見せしますと、意気込みを語った。  相手役、財閥企業後継者で外交官のパク・ヘヨンを演じるソン・スンホンについては「スターらしくない、気取らない面白い人」だと紹介した。つまらない冗談もよく飛ばし、笑ってもらえるまで繰り返すのだという裏話も明かした。「何度も聞いてると面白いような気がします(笑)」とか。  一方、ソン・スンホンもロマンチックコメディーへの出演はこれが初めてとなる。これまではやや重い役を演じることが多かったが、今回は正反対の明るく愉快なキャラクターだ。除隊後しばらく男らしい役を求めていたところ、人生の重みを背負い生きているような暗く重い役が続いたため、軽く明るいキャラクターをを演じたいと考えていたところ、今作品の脚本を目にし役にほれこんだという。デビュー作だったシチュエーションコメディ「男女6人恋物語」以来の明るい役だと紹介した。  また、現場では「あれこれ試しながら楽しく芝居しています」と、雰囲気の良さを伝えた。リラックスしてふざけながら芝居に入ることもあるのが逆に心配になるほどだと話した。  キム・テヒに対しては「『こんなところがあったのか』と思うほど、これまで見たことのない魅力を感じています」と賞し、視聴者もナチュラルなキム・テヒの魅力を感じることができるはずだとアピールした。 (2011年1月7日、聯合ニュース) (END)

videos ソン・スンホン、松嶋奈々子主演「ゴースト」会見(11月26日)
ソン・スンホン、松嶋奈々子主演「ゴースト」会見(11月26日)

≪25日韓国でも封切り≫  韓国のスター俳優ソン・スンホンと日本の人気女優松嶋奈々子が共演した映画「ゴースト もういちど抱きしめたい」の記者会見が、23日にソウルで行われた。  同映画は大ヒットした米ハリウッド映画「ゴースト ニューヨークの幻」のリメーク版。オリジナルとは男女逆の設定となり、松嶋奈々子はゴーストになっても愛するジュノ(ソン・スンホン)を見守る星野七海を演じた。  ソン・スンホンは「メロドラマでも最高の作品のリメイク。原作の名声を傷つけるのではと心配したのは事実。原作を超えようとは思っていなかった」と話した。そのうえで、原作の映画を記憶しているファンには懐かしさを感じてもらい、原作を見ていない新世代には新しいラブストーリーを見てもらうことができると思うと、自信感を示した。  今回の映画で、初めて日本の俳優、スタッフらと、日本での撮影に臨んだ。日本語で演じることが最大のチャレンジだった。出演依頼を受け、「やらなければ後で後悔する」と思って引き受けたが、言語は大きな問題ではなかったと振り返った。  松嶋は、ソン・スンホンは「情熱的な俳優」だと、賞賛を惜しまなかった。日本の男性は「愛してる」という言葉をあまり言わないが、韓国の俳優は情熱的で感情表現がストレートだという印象を受けたと話した。  「ゴースト~」は日本公開に続き、韓国でも25日に封切られた。 (2010年11月26日、聯合ニュス) (END)

videos ソン・スンホン、除隊後初のドラマ出演に意欲(8月22日)
ソン・スンホン、除隊後初のドラマ出演に意欲(8月22日)

≪MBCの新ドラマ「エデンの東」≫  MBCドラマ「エデンの東」の制作発表会が21日、慶尚南道陜川郡の陜川映像テーマパークで開かれ、ソン・スンホンをはじめ、ヨン・ジョンフン、イ・ダヘ、ハン・ジヘ、イ・ヨニ、チョ・ミスク、パク・ヘジンら出演者が出席した。  除隊後初のドラマ出演となる主演のソン・ソンホンは、「内容が良い上、素晴らしい役者が大勢出演するだけに、わたしもイ・ドンチョル役を一生懸命消化していきます」と意欲をみなぎらせた。イ・ドンチョルは今まで演じてきた役柄とは違うとしながら、父親の復讐(ふくしゅう)を果たすために生きる爆発的で冷徹なキャラクターだと紹介した。弟と家族、愛する女性のために命を捨てることができるかっこいい男だが、父を殺した敵を打つチャンスがめぐってきても結局は殺せない人間らしい面がある、とドラマの内容もほのめかした。  ソン・スンホンのソフトなイメージに影響が出るのではという周りの心配を意識してか、「昔から男らしいキャラクターをやれなかった。軍隊から戻り、男くささがある役柄を演じてみたいと考えていたところ、荒い男性イメージを表現するイ・ドンチョルの役柄が合う気がし、出演を決めた」と説明した。  また、「韓流スターが出演すれは韓流ブームを狙った作品というムードが作られがちだが、この作品は全くそんなことはない」とし、国内で人気を集めてこそ海外でも人気を得られると考え、まずは国内で愛されるドラマになるよう努力すると強調した。「役者として演技を続けられることに感謝する。一生懸命に演じ視聴者に感動を与えることでこれまでの失敗をばん回する」と決意を語っている。ドラマは25日に初回放送を迎える。  一方、陜川郡は60億ウォン余りの予算を投じ、映像テーマパーク内にこのドラマの撮影セットを作った。1960~1970年代のソウルの通りを再現したセットとしては国内最高との評判を取っている。 (2008年8月22日、聯合) (END)

videos ソン・スンホン「サンウとの友情が演技の妨げに…」(3月19日)
ソン・スンホン「サンウとの友情が演技の妨げに…」(3月19日)

《映画「宿命」記者会見》  「サンウとの友情が映画に役立ったかという質問をよく受けるんですが、正直に言って、役には立っていません」  映画「宿命」の試写会と記者会見が行われ、主演のソン・スンホンは、親友、クォン・サンウとの共演について、笑いながらこのように語った。以前に共演した「ひとまず走れ」とは異なり、「宿命」は深刻なストーリーのためだ。  親友とはいえ、俳優として互いにライバル意識はないのかと質問されると、ソン・スンホンは、自身よりもクォン・サンウのほうが俳優デビューが遅いが、そのデビュー前から2人は大変親しい間柄だったと紹介した上で、「ライバル意識はなかったと言えば、うそになる」と答えた。 4人の大親友同士が互いに裏切るなかで生じる運命の行き違いと逃れられない宿命を描いた映画「宿命」は、20日から公開される。 (2008年3月19日、聯合) (END)

【ソウル聯合ニュース】韓国の人気俳優ソン・スンホンさんが中国女優の劉亦菲(リウ・イーフェイ)さんと交際中であることが5日、分かった。

 ソンさんの所属事務所によると、昨年、中国映画「第3の愛」で共演した2人はクランクアップ後も連絡を取り合い親しくなった。交際をスタートさせて間もないという。

 劉さんは2002年にドラマ「華の家族」でデビュー後、出演作では主に絶世の美女役を演じた。2008年公開のハリウッド映画「ドラゴン・キングダム」にも出演した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。