Go to Contents Go to Navigation

サムスンの半導体売上高 首位インテルとの差詰める

記事一覧 2015.08.07 10:30
サムスンが「ガラホ」発売へ
サムスン最薄のスマホ「ギャラクシーA8」

【ソウル聯合ニュース】半導体の世界市場で、韓国のサムスン電子が不動のトップの米インテルを激しく追い上げている。

 市場調査会社の米ICインサイツによると、サムスン電子の4~6月期の半導体売上高は103億100万ドル(約1兆2848億円、受託製造含む)で前期に比べ10.3%増加した。一方、インテルは前期比2.7%増の119億4600万ドルだった。 インテルの2014年通年の売上高はサムスン電子より36%多かったが、今年4~6月期は16%上回るにとどまった。

サムスン副会長 MERS問題で謝罪

 しかし、ICインサイツはインテルが7~9月期に前期比8%以上の伸びを見せると予想しており、サムスン電子の追い上げが続くかは未知数だ。サムスン電子の場合、主力のDRAM(記憶保持動作が必要な随時書き込み読み出しメモリー)の価格が売上高を左右するとみられている。

量子ドットTV 販売1万台突破

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。