Go to Contents Go to Navigation

韓国・亀尾に外資系企業が続々入居 経済活性化に一助

記事一覧 2015.08.07 15:04

【亀尾聯合ニュース】外資系企業が韓国南東部・慶尚北道亀尾市の工業団地に続々と入居し、経済活性化に大きな役割を果たしている。

 日系の樹脂コンパウンド、樹脂用着色剤メーカーのNPKは800万ドル(約10億円)を投じ、亀尾第4工業団地の外国人投資地域に先ごろ工場を完成させ、試運転に入った。自動車向けプラスチックコンパウンドを製造し、韓国国内の大企業に納品する予定だ。

 また、精密プレス部品などを製造する石崎プレス工業(兵庫県伊丹市)の韓国法人、石崎コリアも5月、外国人投資地域に入居する契約を交わし、2次電池缶の生産工場を9月に着工するため地質調査を行っている。

 亀尾の外国人投資地域には東レの韓国子会社、東レ先端素材をはじめとする22社の外資系企業が入居している。昨年の生産額は3兆3353億ウォン(約3570億円)、輸出額は28億2700万ドルを記録した。

 特に、東レの入居により炭素繊維関連の国内外メーカーが亀尾工業団地に集まるものと予想される。ある企業は3月、ソウルに近い京畿道にあった研究所を研究員40人と共に亀尾に移した。

 また、韓国のLS産電はソウル近郊の工場施設を200人の従業員と共に亀尾に移転し、韓国建材メーカーのKCCも先月、亀尾に工場を完成させた。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。