Go to Contents Go to Navigation

韓国国防部長官 地雷現場を訪問「北の行為は明白な挑発」

記事一覧 2015.08.10 17:24

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が韓国側の非武装地帯(DMZ)に木箱地雷を埋め韓国軍兵士2人が大けがを負った事件で、韓民求(ハン・ミング)国防部長官は10日、爆発現場に近い部隊を訪問し、「今回の敵の行為は明白な挑発であり、休戦協定と南北間の不可侵合意に正面から反する」と批判した。

 また「敵の挑発に応じた苛酷な代価を払わせる」とした上で、敵が挑発してくれば部隊長の判断のもと、躊躇(ちゅうちょ)することなく自信を持って対応するよう指示した。

 同事件は4日、韓国側のDMZ内で発生した。国防部は合同調査団の調査結果を踏まえ、爆発物の残骸が北朝鮮の対人地雷と一致したと発表した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。