Go to Contents Go to Navigation

サムスン電子会長の長兄 李孟熙氏が他界  

記事一覧 2015.08.14 14:52
サムスン電子 最新スマホ発表
サムスンが「ガラホ」発売へ

【ソウル聯合ニュース】李健熙(イ・ゴンヒ)サムスン電子会長の長兄、李孟熙(イ・メンヒ)元第一肥料会長が14日、がんのため中国・北京の病院で死去した。84歳。

 孟熙氏はサムスングループを創業した故李秉チョル(イ・ビョンチョル)氏の長男で、李在賢(イ・ジェヒョン)CJグループ会長の父。

サムスン最薄のスマホ「ギャラクシーA8」

 秉チョル氏の後継を争った末に弟で三男の健熙氏にサムスングループの経営権を譲り、グループ会社の第一製糖を譲り受けて独立した。第一製糖は後にCJと名を変えた。

サムスン副会長 MERS問題で謝罪

 孟熙氏は2012年、秉チョル氏が生前に第三者名義で信託していた財産を健熙氏が勝手に自分名義に変更したと主張し、健熙氏に7000億ウォン(現在のレートで約740億円)余りの支払いを求める訴訟を起こした。訴訟はサムスングループとCJグループの確執に広がる様子を見せ、社会的に注目を集めた。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。