Go to Contents Go to Navigation

朴大統領「日本の歴史認識継承、行動で示すべき」

記事一覧 2015.08.15 11:13

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は15日、ソウルで開かれた光復(日本による植民地支配からの解放)70年記念式で、「日本政府は歴代内閣の歴史認識を継承するとの公言を誠意ある行動で示し、隣国と国際社会の信頼を得るべき」と述べた。

 安倍晋三首相が14日に発表した戦後70年談話については、「われわれとしては残念な部分が少なくないのは事実」とした上で、「日本の侵略と植民地支配がアジアのさまざまな国と国民に苦痛を与えたことに対する謝罪と反省を根幹とした歴代内閣の立場は今後も揺るがないと、国際社会に明確に示したことに注目する」と語った。

 また、「1965年の国交正常化以来、河野談話、村山談話など歴代日本内閣が示してきた歴史認識は韓日関係を支えてきた根幹だった」とあらためて強調した。

 朴大統領は慰安婦問題にも言及し、「特に日本政府は慰安婦被害者問題を早期に解決することを望む」と話した。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。