Go to Contents Go to Navigation

モバイルDRAM 韓国勢の世界シェア8割超=過去最高

記事一覧 2015.08.18 10:30

【ソウル聯合ニュース】モバイル向けDRAM(記憶保持動作が必要な随時書き込み読み出しメモリー)の世界市場で韓国メーカーのシェアが80%を超え、過去最高となったことが18日、分かった。

 半導体関連情報サイトのDRAMエクスチェンジの報告書によると、4~6月期のモバイル向けDRAMの世界市場での売上高シェアは、サムスン電子が57.6%、SKハイニックスが23.9%と1、2位を韓国メーカーが占めた。次いで、マイクロン・テクノロジー(米国、16.5%)、南亜科技(台湾、1.2%)、ウィンボンド・エレクトロニクス(台湾、0.7%)の順だった。

 韓国メーカーのシェアの合計は過去最高の81.5%に達した。サムスン電子のシェアは前期比5.5ポイント、SKハイニックスは同1.0ポイントそれぞれ上昇した。

 寡占状態の半導体市場で韓国メーカーのシェアが80%を超えたのは初めて。モバイル向けDRAMは半導体メモリー市場で最も有望な品目であるため、報告書の集計が示唆するものは大きいと業界はみている。

 報告書は「モバイル向けDRAM市場でサムスンが主導者であることを立証した。サムスンはDRAMのうち40%をモバイル向けが占めるほど半導体メモリー市場で先を行っている」と評価した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。