Go to Contents Go to Navigation

<芸能>sgワナビーの新曲 韓国チャートで1、2位に

記事一覧 2015.08.20 14:47

【ソウル聯合ニュース】韓国の男性3人組ボーカルグループ、sg WANNA BE+(sgワナビー)が19日に発表したミニアルバム「THE VOICE」のタイトル曲2曲が韓国の音楽チャートで1、2位を占めた。

 20日午前8時30分現在、同アルバムのタイトル曲「胸がドキドキするほど」はメロン、ジニ、エムネットドットコムなど八つの音楽配信サイトのチャートで1位を獲得した。もう一つのタイトル曲「良い記憶」も八つのチャートで2位に入った。

 sg WANNA BE+は2004年にデビュー後、「生きていて」「ラララ」「罪と罰」「Partner For Life」などのヒット曲を出し、05~07年に韓国歌謡界でミディアムテンポのバラードを大流行させた。

 11年9月にデジタルシングルをリリース後、メンバーがそれぞれ違う所属事務所と契約した上、キム・ヨンジュンとイ・ソクフンの兵役やキム・ジノのソロ活動などが重なり、グループの活動が中断していた。

 キム・ヨンジュンとイ・ソクフンが兵役の義務を終えたのを機に、今年1月にCJ E&Mと専属契約を結びニューアルバムを準備してきた。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。