Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮軍の砲撃は2回 「万全の態勢維持」=韓国軍

記事一覧 2015.08.20 21:17

【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部は20日、北朝鮮軍による砲撃について記者会見し、砲撃は同日午後3時52分と4時12分の2回にわたって行われたと発表した。

 軍当局は1回目の砲撃では14.5ミリの高射砲1発が、2回目の砲撃では直接照準火器の76.2ミリ砲数発が発射されたと推定している。

 合同参謀本部は、砲弾が発射されたとみられる地域へ韓国軍が155ミリ砲弾数十発を警告射撃したと説明。また、「軍の警戒態勢を最高レベルに引き上げ、万全の態勢を維持している」と強調した。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。