Go to Contents Go to Navigation

韓国住民1万5千人に避難命令 南北の軍事衝突懸念で

記事一覧 2015.08.22 16:17
退避所へ避難

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が韓国に対し、拡声器による対北宣伝放送の中止を求めて軍事行動を警告した問題で、期限の22日午後5時が迫る中、韓国は軍事境界線に隣接する住民ら1万5000人に避難命令を出した。

 避難命令は軍の要請によるもので、期限前に避難は完了する予定。

 今月4日に非武装地帯(DMZ)の韓国側で北朝鮮軍が埋めた地雷が爆発し、韓国兵2人が重傷を負ったことを受け、韓国軍は拡声器による宣伝放送を11年ぶりに再開した。これに北朝鮮が反発し、20日に韓国側に砲撃を行い、48時間以内に宣伝放送を中止しなければ「軍事的行動」を開始すると警告した。

退避所で不安な一夜

 韓国軍は宣伝放送を続ける方針を示しており、南北間の軍事衝突が懸念されるなど緊張が高まっている。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。