Go to Contents Go to Navigation

朴大統領「謝罪・再発防止が必要」 北朝鮮に強硬姿勢

記事一覧 2015.08.24 12:06

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は24日の首席秘書官会議で、朝鮮半島で高まる軍事的緊張に関し「何より現在の事態を招いた北の地雷挑発をはじめとする挑発行為に対する謝罪と再発防止が最も重要な事案。挑発と不安な状況を繰り返さないためには(北の)確実な謝罪と再発防止が必要だ」と強調した。

 また、北朝鮮が謝罪しないなら、それに相応する措置を取り、拡声器による対北朝鮮宣伝放送の実施も維持するとの方針を示した。

 朴大統領の発言は、北朝鮮が南北非武装地帯(DMZ)での地雷埋設と韓国領への砲撃を認めないことに対し強く警告するとともに、北朝鮮から謝罪と再発防止の約束を引き出す方針を貫くとの意思の表れと受け止められる。これには北朝鮮が挑発で緊張を高めてから一時的に「対話ムード」を作り、謝罪なしに韓国と妥協した後、再び挑発を続ける過去の悪循環を断ち切るとの意思が反映されたとみられる。

 一方で、今回の対話がうまく進めば、お互いを助け合い、朝鮮半島の平和のため最善を尽くすと述べた。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。