Go to Contents Go to Navigation

韓国国民の83%「戦争起きれば参戦」=安保意識調査

記事一覧 2015.08.27 18:08

【ソウル聯合ニュース】韓国国民安全処が27日までにまとめた今年の安保意識調査結果によると、19歳以上の一般国民の83%が、韓国で戦争が起これば参戦(男性)するか支援(女性)すると回答した。

 参戦・支援の意思がある男性は全体の89%、女性は78%だった。年代別では50代が91%で最も高く、40代と60代も80%を大きく超えた。安保意識が弱いとされる20代でも79%が参戦・支援すると回答し、2010年の調査(69%)から大きく上がった。30代は72%だった。

 一方、大学生だけを対象にした調査では、参戦・支援するとの回答が56%にとどまった。 

 また、国民の69%は安保に不安を感じていることが分かった。66%は自身の安保意識は高いと考えている。しかし、59%が周辺の避難先の位置を把握していなかった。

 安保意識調査は毎年行われている。今年は6月に一般国民と大学生、それぞれ1000人を対象に実施された。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。