Go to Contents Go to Navigation

製造業の景況感 再び悪化に転じる=韓国

記事一覧 2015.08.31 06:00

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が31日に発表した8月の企業景気実査指数によると、韓国製造業の景況判断指数(BSI)は68で、前月から2ポイント下がった。

 8月のBSIは中東呼吸器症候群(MERS)の影響が大きかった6月(66)を上回るが、基準値の100を大きく下回る。

 BSIは100を上回ると、景気を良いとみる企業が悪いとみる企業より多いことを意味し、100未満ならその逆となる。

 MERSの影響からある程度抜け出したが、夏休みシーズンで操業日数が減った上、中国の景気低迷で輸出が減少したことが響いたとみられる。

 企業類型ごとに見ると、大企業は前月の75から72に、中小企業も63から62に低下した。輸出型企業、内需型企業はいずれも68で、それぞれ5ポイントと1ポイント下がった。また、部門別では売上高、在庫、生産設備水準は好転したが、採算性、資金繰りなどは悪化した。

 製造業の9月の見通しBSIは71で、前月より1ポイント上昇した。

 非製造業の8月のBSIは70で、前月より1ポイント上がった。7月に続き、2カ月連続の上昇となる。

 一方、BSIと消費者心理指数(CCSI)を組み合わせた8月の経済心理指数(ESI)は93で、前月から1ポイント上がった。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。