Go to Contents Go to Navigation

駐韓米大使襲撃 被告に殺人未遂で懲役12年

記事一覧 2015.09.11 11:22
駐韓米大使 襲撃後初の公開講演
笑顔で退院会見

【ソウル聯合ニュース】リッパート駐韓米国大使を襲撃し、殺人未遂などの罪で起訴された金基宗(キム・ギジョン)被告に対し、ソウル中央地裁は11日、「殺人の故意があった」として懲役12年を言い渡した。

 金被告は今年3月5日、ソウル市内の講演会会場でリッパート大使を長さ24センチの果物ナイフで切りつけた。リッパート大使は顔の右側に長さ11センチ、深さ3センチの傷のほか、腕で攻撃を防ごうとして、ナイフが左前腕を貫通する重傷を負った。

無言のまま

 地裁は「被害者は顔や腕に重傷を負い、顔面部の裂傷の1~2センチ下に頚動脈があり、死に至るかもしれない状況にあった」と指摘した。ただ、「国家存立や自由民主主義秩序の根本を脅かし、北の主張に応える意思があったと認めにくい」として、国家保安法違反の罪は無罪とした。

駐韓米大使 術後の経過は順調

 検察当局は殺人の故意があり、北朝鮮の主張に同調したとして、懲役15年を求刑していた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。