Go to Contents Go to Navigation

「慰安婦は人権問題」 米国内で認識拡大=韓国外交部

記事一覧 2015.09.24 15:56

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の魯光鎰(ノ・グァンイル)報道官は24日の定例会見で、米サンフランシスコの市議会が旧日本軍の慰安婦を象徴する碑の設置を促す決議を採択したことに関し、「慰安婦問題が戦時の女性人権、普遍的な人権問題ということについて米国内で幅広く共感を呼んでいることを示す」として、「こうした認識が広がっている」と評価した。

 サンフランシスコの市議会は22日(米西部時間)、米国の大都市としては初めて慰安婦碑の設置を求める決議を全会一致で採択した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。