Go to Contents Go to Navigation

地震増加する韓国 観測所19カ所を年内に新設

記事一覧 2015.10.01 16:10

【ソウル聯合ニュース】韓国気象庁は1日、内陸部と周辺海域での地震観測能力を高めるため、地震観測所19カ所を年内に新設すると発表した。

 黄海と韓国南方海域の島しょ地域に10カ所、内陸部に9カ所を新設する。また、老朽化した観測装置11台を年内に入れ替えるほか、全国145カ所の観測所の老朽化した全観測装置を2018年までに入れ替える計画。

 気象庁は20年までに観測所を264カ所に増やし、地震の早期警報システムを強化する方針だ。

 韓国では地震の年平均発生件数が1980年代が16回、90年代が26回、2000年代が44回、2010~14年が58回と次第に増えており、懸念が高まっている。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。