Go to Contents Go to Navigation

ノーベル賞に挑むトップクラスの研究者養成を=朴大統領

記事一覧 2015.10.22 19:00

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は22日、青瓦台(大統領府)で開かれた国家科学技術諮問会議で、「この先、ノーベル賞に挑戦する世界トップクラスの研究者を養成し、強みを持つ分野を中心に世界的な優位を確保するため、官民で戦略的支援を強化しなければならない」と述べた。一部のメディアで韓国の基礎科学の水準はノーベル科学賞受賞にはほど遠いという指摘があったとしながら、このように発言した。

 朴大統領は基礎研究と素材技術分野の発展策に関する報告を受け、「われわれも基礎研究に持続的に投資し創意的な研究にまい進すれば、遠からず基礎科学の大国になることができる」と話した。その上で、「一つの分野の研究に没頭できるよう、政府として安定した研究環境を整備する」との姿勢を示した。また、韓国は基礎研究の産業活用が不十分との指摘も多いとしながら、「基礎研究の成果を基幹技術に発展させ企業が活用できる仕組みになっているか点検しければならない」と述べた。

 素材技術分野については、「韓国が国民所得4万ドル(約480万円)時代に進むために必ず征服すべき核心要素技術だ」と強調。核心素材の対日貿易依存度が上がる一方、中国の技術は急速に発展しており、徹底した対策を講じる方針を明らかにした。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。