Go to Contents Go to Navigation

韓米海軍きょうから機動訓練 「ロナルド・レーガン」参加

記事一覧 2015.10.26 11:31

【ソウル聯合ニュース】韓国と米国の海軍が26日、東海上で連合作戦遂行能力と相互運用性の強化を図るための連合海上機動訓練を開始する。

 4日間行われる訓練には、米軍の最新鋭原子力空母「ロナルド・レーガン」を含む艦艇5隻と航空機が参加する。

 韓国海軍はイージス艦「世宗大王」(7600トン)をはじめとする艦艇約20隻と海上哨戒機P3など、陸海空軍の航空機を投入する。

 韓国海軍関係者は訓練について、「防衛的な性格のもので韓米連合海洋防衛態勢の向上につながる」と説明した。

 23日に釜山沖で行われた観艦式に参加したロナルド・レーガンは、今回の連合訓練を終え日本の米海軍横須賀基地に戻る。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。