Go to Contents Go to Navigation

韓国・清州工芸ビエンナーレ閉幕 31万人が来場

記事一覧 2015.10.26 16:39

【清州聯合ニュース】韓国中部の忠清北道清州市で9月16日から開催されていた清州国際工芸ビエンナーレが25日、閉幕した。工芸ビエンナーレ組織委員会は同日午後、会場の一つ、旧清州たばこ工場の広場で閉幕式を行った。

 組織委の委員長を務めた清州市の李承勲(イ・スンフン)市長は「今回の工芸ビエンナーレが成功に終わり、参加した85万の市民のすべてに感謝の言葉を伝える」と述べた上で、「清州が世界的な文化芸術の都市に生まれ変わる契機になった」と評価した。

 9回目となった今年の清州国際工芸ビエンナーレは「HANDS+拡張と共存」をテーマに行われ、約31万人が来場。前回2013年の約30万人を超えた。次回は2017年に開かれる。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。