Go to Contents Go to Navigation

南北労働者サッカー大会 韓国政府が承認=あすから平壌で

記事一覧 2015.10.27 21:37

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は27日、韓国労働組合の二大全国組織と北朝鮮の朝鮮職業総同盟(職総)が28~31日に平壌で「南北労働者統一サッカー大会」を開催することを承認した。

 大会には韓国労働組合総連盟(韓国労総)と全国民主労働組合総連盟(民主労総)の各1チームと、朝鮮職業総同盟(職総)2チームの計4チームが出場する。両労総の関係者約160人は28日にチャーター機で訪朝し、31日に韓国に戻る予定だ。

 南北の労働団体が開催するサッカー大会を韓国政府が承認したのは、2007年4月に韓国・慶尚南道レベルで開かれた大会以来、約8年ぶり。政府関係者は「純粋な体育交流行事であり、8月の南北合意以降、民間交流が活性化している点を考慮した」と説明した。

 今回の訪朝する人数は、2010年3月の韓国海軍哨戒艦撃沈事件を受け、韓国政府が北朝鮮制裁措置を開始した同年5月以降で最大規模とされる。

 職総は先月16日、両労総にファクスを送り、今月下旬に平壌でサッカー大会を開くため実務協議を行うことを提案。双方は今月12日の2回目の実務協議で28~31日に平壌で開催することで合意した。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。