Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮の食糧不足 来年100万トンと現政権で最大か

記事一覧 2015.10.29 09:15

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の食糧不足が来年は100万トンと金正恩(キム・ジョンウン)政権で最大になる見通しだと、韓国の北朝鮮農業専門家が指摘した。

 韓国の民間農業専門研究所、GS&Jインスティテュートの権泰進(クォン・テジン)北朝鮮・北東アジア研究院長は29日、聯合ニュースの取材に「食糧の最低所要量540万トンに対し、来年は100万トン不足するとみている」と話した。北朝鮮の今年の食糧生産量が昨年に比べ10%減少するとの独自の見通しを基に予測した。

 金正恩体制が発足してから今年まで、北朝鮮の食糧不足は毎年40万~50万トン程度だった。食糧状況悪化の主因は干ばつだ。北朝鮮当局は特に今年を100年ぶりの干ばつと表現する。また権氏は、中国からの輸入穀物の減少も影響を及ぼしたと分析した。

 食糧不足で最も打撃を受けるのは社会的な弱者と予想される。

 米政府系メディアのボイス・オブ・アメリカ(VOA)は先ごろ、国連食糧農業機関(FAO)の資料を引用し、北朝鮮が今年7月中旬に1日当たりの食糧配給量を250グラムに減らした後、今月に入り平年並みの380グラムに増やしたと伝えた。これは国連が推奨する1日当たり最低600グラムを大きく下回る。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。