Go to Contents Go to Navigation

韓国離散家族1万人のビデオレター制作 来年北側へ

記事一覧 2015.10.29 11:28
離散家族再会行事終了 辛い別れ

【ソウル聯合ニュース】韓国の大韓赤十字社は29日、年内に離散家族1万人のビデオレターを制作し、来年、北朝鮮側に渡す方針を明らかにした。

南北離散家族再会行事 2回目スタート

 ビデオレターの長さは10~13分程度で、専門業者に依頼し8月から制作に取り掛かった。制作費は南北協力基金から約20億1000万ウォン(約2億1000万円)を支出する。

娘に贈る靴を手に訪朝へ

 赤十字社は来年、ビデオレターを保存したUSBメモリーを北朝鮮側に渡す計画で、政府と協議し、適切な方策を模索することにした。

 ビデオレター制作は、離散家族の高齢化で死亡者が増えていることを受け、離散家族の交流をさらに活性化させるという趣旨で行われる。

 統一部の離散家族情報統合システムによると、先月末現在、北朝鮮にいる肉親との再会を申請した離散家族は6万6488人で、このうち53.9%が80代以上の高齢者だ。90代以上も11.7%に上る。

 このため、肉親との再会を果たせぬまま死亡する申請者が毎年4000人を超えている。

再びの別れ

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。