Go to Contents Go to Navigation

サムスンの7~9月期 営業益82%増=半導体がけん引

記事一覧 2015.10.29 11:01
サムスン 米国でスマホ決済サービス開始

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムス電子が29日発表した7~9月期の連結決算によると、本業のもうけを示す営業利益は7兆3900億ウォン(約7800億円)で前年同期に比べ82.1%増加した。前期比も7.2%増加した。

 営業利益は昨年7~9月期に4兆600億ウォンまで落ちこんだ後、徐々に盛り返している。この日発表した確報値は、サムスン電子が今月7日に発表した予測(7兆3000億ウォン)から若干増えた。証券業界の平均予想(6兆5000億ウォン台)より8000億ウォン以上多い。

 7~9月期の売上高は51兆6800億ウォンで、前年同期比8.9%、前期比6.5%、それぞれ増加した。

サムスンギアS2 2時間で予約完売

 サムスン電子は「主要通貨に対するウォン安で、部品事業を中心に為替で約8000億ウォン分プラスの影響が発生した」と説明した。

 半導体部門の営業利益は3兆6600億ウォンと、2010年7~9月期(3兆4200億ウォン)を超え、過去最高となった。売上高は12兆8200億ウォンで、前期(11兆2900億ウォン)に続き過去最高を更新した。

 高付加価値製品のDDR4とLPDDR4、大容量のSSDの販売が拡大し、システムLSI(高密度集積回路)も堅調な需要を維持した。14ナノプロセスのファウンドリー(受託生産)供給の開始も奏功したという。

サムスン 最新の腕時計型端末公開

 ディスプレー部門は有機EL工場の稼働率向上を追い風に、営業利益が9300億ウォンに改善した。

 半導体とディスプレーを中心とする部品(DS)事業部の営業利益は4兆6500億ウォンに上り、全体の営業利益を押し上げた。

 スマートフォン事業を担うIM(ITモバイル)部門の営業利益は2兆4000億ウォン、売上高は26兆6100億ウォンと集計された。

サムスンの高画質テレビ 米認証取得

 主力スマートフォン「ギャラクシーノート5」「ギャラクシーS6エッジプラス」と普及価格帯シリーズの新製品の発売で、前期に比べ販売台数が増加した。ただ「ギャラクシーS6」の価格調整と普及価格帯製品の割合拡大の影響で、営業利益は減少した。

 CE(消費者家電)部門の営業利益は3600億ウォンだった。繁忙期に入っており、「SUHDテレビ」などの高級製品の販売が拡大した。生活家電も北米市場で善戦した。

 一方、サムスン電子は10~12月期について、部品事業の繁忙期効果が鈍り、為替の好影響が縮小するなど、前期に比べると業績が振るわないと予想した。

 サムスン電子は今年、半導体(15兆ウォン)やディスプレー(5兆5000億ウォン)を中心に総額27兆ウォンの設備投資を実施する計画だ。前年に比べ約14%増加する。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。