Go to Contents Go to Navigation

現代自が新型「ジェネシス」公開 運転支援システム搭載

記事一覧 2015.11.10 11:18
フードトラックが大集合

【華城聯合ニュース】韓国の現代自動車は10日、ソウル郊外の華城で来月発売予定の高級セダン「ジェネシス」の新型モデルEQ900をマスコミに公開した。

 「丁重で奥深い優雅さ」をコンセプトに、洗練されたデザインに加え内装にはイタリア企業と共同開発した高級レザーを使用した。

自動走行車 一般道路で試験運転

 また、自動運転の前の段階である運転支援システムを韓国で初めて搭載した。

 高速道路でこのシステムを作動させると、料金所やインターチェンジに入って自動解除される時まで安全走行をサポートしてもらえる。

ホンダコリア 新型「パイロット」発売

 後部座席に採用した「ファーストクラスVIPシート」は、飛行機のファーストクラスのようにリクライニングできる。

 運転席には、医学的な根拠に基づきドライバーの身体条件別に最適な運転姿勢を自動設定するスマート姿勢コントロールシステムが世界で初めて搭載された。

VW車の排ガス試験開始

 ラムダ3.8 V6エンジン、ラムダ3.3 V6ターボエンジン、タウ5.0 V8エンジンも公開された。

 ラムダ3.3 V6ターボエンジンは最大出力370馬力、最高トルク約52.0kg・mで、海外の同級ターボエンジンよりも優れた性能を備えている。

 新車は現代の新高級車ブランド「ジェネシス」のさきがけとなる。担当者は「今後、超大型セダンだけでなく大型セダンや中型セダン、スポーツタイプ多目的車(SUV)、スポーツクーペなどさまざまなラインアップを構築し、韓国を代表する高級ブランドを目指す」と説明した。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。