Go to Contents Go to Navigation

韓国政府 フィリピン一部地域の在留国民に退避勧告へ

記事一覧 2015.11.27 11:45

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は来月1日から旅行禁止地域に指定されるフィリピン南部、ミンダナオ島のサンボアンガと周辺諸島に在留する韓国国民20人余りに退避を勧告する方針だ。

 韓国政府関係者は27日、「非常に強力な勧告が出される。退避するか、安全対策を講じて旅券使用(在留)許可を取得するよう現地の公館を通じ要請する」と説明した。

 サンボアンガでは今年1月に70代の韓国人男性がイスラム過激派「アブサヤフ」に拉致される事件が起きた。男性は拘束された末、先月末に遺体で見つかった。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。