Go to Contents Go to Navigation

現代・起亜 来年はエコカーで勝負=HV専用車販売

記事一覧 2015.11.29 11:00

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代・起亜自動車が来年、ハイブリッド車(HV)専用の部品を使ったHVを初めて発売するほか、複数のエコカー販売を計画していることが29日、分かった。トヨタ自動車のプリウスなどに勝負を挑む。ほかにプラグインハイブリッド車(PHV)の新車も発売し、エコカーでも世界市場に打って出る。

 自動車業界によると、現代が来年前半に初めてのHV専用モデルとして販売する予定の「AE」(プロジェクト名)は1.6リットルのガソリンエンジンを搭載したハッチバック型。HV専用のエンジンや変速機などを使用し、同じクラスの車種では最高水準の燃費と性能を実現したという。トヨタの新型プリウスの競争相手になることを目指している。

 起亜は韓国初のハイブリッドの小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「ニロ(NIRO)」の新型を来年前半に販売する。1.6リットルのGDI(直噴)エンジンに6段DCTを用いた同車の最高出力は105馬力。1.56KWhのバッテリーと35Kwのモーターを搭載し、SUVの実用性とHVの効率性、環境への優しさなどを同時に実現した。

 また起亜は来年、中型セダン「K5」のPHVモデルと新型「K7」のHVモデルを加え、エコカーのラインアップを充実させる計画だ。2.0リットルのGDIエンジンを搭載した「K5」のPHVモデルは、9.8KWhのリチウムイオンポリマーバッテリーにより電気自動車(EV)モードで40キロ走行できるという。

 フォルクスワーゲン(VW)によるディーゼル車の排ガス不正が発覚したことで、HVやPHVが脚光を浴びている。現代・起亜の関係者は「来年はこれまでにないほど、多様なエコカーを販売する。エコカーの競争力を高めたい」と話す。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。