Go to Contents Go to Navigation

安哲秀氏「新たな政治勢力つくる」 最大野党を離党=韓国

記事一覧 2015.12.13 14:50

【ソウル聯合ニュース】韓国最大野党、新政治民主連合の安哲秀(アン・チョルス)前共同代表(53)が13日、国会で記者会見を開き、離党を表明した。

 元ソウル大教授の安氏は若者から人気が高く、次期大統領選の候補の一人としても注目されている。党の支持率低迷を打開するため、文在寅(ムン・ジェイン)同党代表に対し、代表を辞任し、党大会で新代表を決めるよう提案したが、拒まれたことを受け離党を決断した。

 安氏は会見で「党内での革新は不可能という結論に達した」と述べた上で、「中で駄目なら外からの強い衝撃で変化を導き出すべきだ。政権交代できる政治勢力をつくる」と決意を語った。

 安氏のほか、同氏に近い議員や党の非主流派議員が新党結成に向け、離党するとみられる。新政治民主連合の分裂は避けられず、来年4月の国会議員総選挙に向け、野党勢力の大再編が起こる可能性も出てきた。

 文代表は安氏の離党を翻意させるため、安氏の自宅を訪れたり、電話をかけたりしたが、説得できなかった。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。