Go to Contents Go to Navigation

韓国バラエティー番組が日本の番組模倣 制作陣が謝罪

記事一覧 2015.12.14 20:41

【ソウル聯合ニュース】韓国SBSテレビの人気バラエティー番組「ランニングマン」側が14日、日本のバラエティー番組を模倣したとの疑惑を事実上認め、謝罪した。  

 ランニングマンをめぐっては、6日の放送分で登場したゲームがフジテレビの「VS嵐」で行われたものと似ているとの指摘がインターネット上で広まっていた。

 演出を担当するプロデューサーはSBSを通じてコメントを出し、「理由を問わず番組責任者として今回の論議に対し、心より謝罪申し上げる」として、盗作疑惑を事実上認めた。その上で、「今後は再発防止のために制作過程を改善し、同じことが繰り返されないように最善を尽くす」とした。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。