Go to Contents Go to Navigation

慰安婦問題の年内決着は困難 韓日が局長級協議

記事一覧 2015.12.15 14:14

【東京聯合ニュース】韓国と日本の外交当局による局長級協議が15日、東京で開かれた。双方は旧日本軍慰安婦問題の解決策などを話し合ったとされるが、一致点を見いだせず慰安婦問題の年内決着は困難になった。

 韓国外交部の李相徳(イ・サンドク)東北アジア局長は外務省の石兼公博アジア大洋州局長との協議を終えた後、記者団に対し「可能な限り早期に再び協議を行うことにした」と話した。次回の協議の時期については「年内は難しいだろう」と述べるにとどめた。

 朴槿恵(パク・クネ)大統領と安倍晋三首相は先月2日の初の首脳会談で、慰安婦問題の早期解決に向け協議を加速させることで合意している。李局長は「そうした方向に協議を進展させるため努力している」とした。

 ただ、今後の協議も両国の政治日程などで、順調に進むことは難しいとみられる。韓国は来年4月に国会議員総選挙を、日本は7月ごろに参議院選挙を行う予定で、両国ともに世論が敏感に反応する慰安婦問題で柔軟な態度を示すことは厳しいとみられる。

 李局長と石兼局長は前日夕食を共にしたのに続き、この日午前9時半から約2時間半にわたり協議を行った。今回の協議は11月11日以来、11回目。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。